スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

統合失調症について



統合失調症は、特別な病気ではありません。

約100人に一人が発症するといわれています。

私もこの事を知るまで統合失調症などの精神病は
特別な病気だと思っていました。

100人に1人とは、今でこそ学生は少なくなっていますが
私が学生の頃は1学年に200〜300人くらいはいたと思います。
200〜300人の生徒がいればそこに統合失調症の人が2〜3人いることになります。

この数字が多いか少ないかは、人それぞれ感じ方が違いますが
何万人に1人!!などというテレビなどでよく聞く特別な病気ではありません。

誰もがなる可能性がある普通の病気です。



統合失調症とはどんな病気かというと・・・

刺激を伝え合う神経のネットワークに問題が生じる
『脳』の機能障害です。


私たちがものを見たり、聞いたり、動いたり出来るのは
全て『脳』が正常に働いているからです。

脳から指令があるからこそ私たちは動けるのです。
脳からの刺激がなければ体は動きません(−−;




脳の機能障害が生じるとどのようなことが起こるかというと・・・

・現実を正確に判断する能力が低下します。
・感情や意欲などのコントロールが出来なくなります。
・適切な対人関係を保つことが困難になります。
・外からの刺激に迅速かつ正確に対応できなくなります。



以上のようなことが起こる可能性があります。
もちろん人それぞれ程度などは違います。


昔は統合失調症などの精神病は不治の病などと言われていましたが
最近では医療の進歩、さまざまな治療薬の開発により、この病気の治療は
飛躍的に進歩しています。

だからこそ、この病気は治療可能な病気なんです。


最近では、入院治療だけでなく通院だけで治療されるケースも増えています。

だからこそ、この病気にかかっても早期に専門医の適切な治療を受ければ
多くの人は社会復帰することが可能です。



本文の一部を日本イーライリリー株式会社 統合失調症 ご家族説明用 から引用させていただいています。
| 統合失調症について | ココロの病気 |
| comments(0) | trackbacks(8) | pookmark |

▲このページの先頭へ

統合失調症(発症年齢)について




統合失調症の発症年齢は思春期(20代前半)〜青年期(30代)に発症するケースがほとんどです。
発症年齢は10代後半から30代頃までがもっとも多いといわれていますが、それ以外の年齢でも発症することがあります。

どのようにして統合失調症が発症するのか?
一般的な経緯はこんか感じになっています。


     【日常生活でのストレス】
        
        ・会社の悩み
        ・家庭の悩み
        ・子供の悩み
        ・育児の悩み
        ・学校での悩み
          など       ありふれたさまざまなストレス

           ↓

   【生まれた時からもっている素因】
     
      ・ストレスに対して弱い
      ・繊細な神経
        など

          【環境】 
  
   ・特定するものではなく生活する全ての環境

           ↓
   
    【脳内の神経伝達物質の異常】

           ↓

          【発症】


この病気は複雑な要因が絡み合って発症します。
育て方や家庭環境が原因で病気になるわけではいといわれていまが
はっきりした原因は現在不明です。

しかし、特別な病気ではなく約100人に1人の割り合いで発症します。


■この病気は3つの分類に別れ発症した年齢によって予後が変わってきます。

・破瓜(はか)型・・・20代前後  【予後不良】

・緊張型・・・・・・・・・20代     【予後良好】

・妄想型・・・・・・・・・30代以降  【予後不良】



統合失調症名称変更について

平成14年8月に開催された精神神経学総会にて、精神分裂病の呼称を
『統合失調症』と変更することが正式に承認された。

☆メンタルヘルス Ranking 参加中☆ 
愛to(≧∀)人(∀≦)勇気だけが(σ`・ω・´)σトモダチさッッ(*≧∀)人(∀≦*)
あなたは1人ではありません!
たくさんの仲間が待っています♪

人気blogランキング メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科
| 統合失調症(発症年齢)について | ココロの病気 |
| comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |

▲このページの先頭へ

統合失調症(症状)について




統合失調症の症状には『陽性症状』『陰性症状』があります。

幻聴・妄想・感情の起伏(不安定)など、普段の生活ではないような症状を『陽性症状』といい、
逆に引きこもりがちになったり、感情が無くなったかのようにみえる状態を『陰性症状』といいます。

陽性症状
※この病気の特有の症状で、発病初期の急性期や再発の時に現れます。

・幻聴
・妄想
・奇異な動作
・思考障害や思考の混乱

陽性症状
※この症状は急性期のあとに長期的に現れる症状です。

・感情鈍麻
・思考貧困化
・無気力
・自閉
・意欲の減退
・集中力や注意力の低下


その他にもこの病気では作業能力の障害が起こりやすくなります。

・記憶力の低下
・作業スピードが遅くなる
・反応が悪くなる
・疲れやすくなる
・融通性の低下


※この病気は人によって症状はさまざまあり、ここにあげた症状は
 あくまでも一般的なものであって絶対に現れるというわけではありません。

※この病気の回復は人によってさまざまです。
 良くなったり悪くなったりと症状を繰り返しながら回復していきます。

ポイント
数ヶ月から数年という長い目でゆっくりとあせらず見守ってあげることが大切になってきます。
この病気の人も家族も気長にあせらずうまく付き合っていく姿勢が大切になってきます。


経過

前駆期→急性期→回復期→慢性期


前駆期:発症する前の兆候

・睡眠障害
・感情が不安定になる
・焦りが強くなる
・不定愁訴

急性期

陽性症状

回復期

・眠気が強くなる
・意欲の低下
・倦怠感
・甘え

慢性期

陰性症状

☆メンタルヘルス Ranking 参加中☆ 
愛to(≧∀)人(∀≦)勇気だけが(σ`・ω・´)σトモダチさッッ(*≧∀)人(∀≦*)
あなたは1人ではありません!
たくさんの仲間が待っています♪

人気blogランキング メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科
| 統合失調症(症状)について | ココロの病気 |
| comments(0) | trackbacks(19) | pookmark |

▲このページの先頭へ

統合失調症(治療計画)について



統合失調症の治療は薬物療法を中心に行い治療の経過に応じて
精神療法やリハビリテーション(レクレーション)療法が行われます。

薬物療法

急性期や慢性期と通じて治療のベースになる部分です。
特に症状の激しい急性期には薬物療法が効果を発揮します。

再発予防のために長期間にわたり治療が必要となります。


【精神疾患に関する主な薬剤】

非定型抗精神病薬

・リスペリドン(リスパダール)
・オランザピン(ジプレキサ)
・クエチアピン(セロクエル)

フェノチアジン系抗精神病薬

・クロルプロマジン

ブチロフェノン系抗精神病薬

・ハロペリドール

選択式セロトニン再取り込み阻害薬/SSRI

・フルボキサミン(ルボックス・デプロメール)
・パロキセチン(パキシル)

三環系抗うつ薬

・塩酸イミプラミン
・アミトリプチリン

気分安定薬/抗躁薬

・炭酸リチウム

抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)

・ジアゼパム(セルシン・ホリゾン)



精神療法

患者さんの状態に合わせた心理的サポート(面接)。

患者さんに面接などを通して何らかの心理的な働きかけを行い、
心理的な影響を与えることによって、精神的に不安定な状態を
治療する方法。
面接を行うことで病気や自分のもつ症状への理解を深め、
精神的な安定をはかります。


・精神分析療法
・森田療法
・遊戯療法
・行動療法
・集団精神療法


リハビリテーション(レクレーション)療法

急性期を経た後に開始します。

レクリエーション療法や作業療法、生活技能訓練(SST)により
社会への適応を目指すします。

『作業能力の障害』を克服するためにも大切な治療です。



ポイント

急性期の治療

・薬物療法
・十分な睡眠
・休養


慢性期の治療

・精神療法やリハビリテーション
 体力・集中力の回復
 ストレスへの対処法


・薬物療法の継続
 症状の安定
 ストレスに対する抵抗力



この病気をもっている人は急性期を過ぎた頃に引きこもったり、何もせず
家でごろごろすることが多くなることがありますが、怠けているわけでは
ないので家族の方たちは根気よく待つ姿勢が大切です。

・いつも寝ている→回復をしている時期です。
・疲れやすい→エネルギーをためている時期です。
・家族の協力が大切です。
・無理な励ましは過剰なストレスを与えることがあります。


☆メンタルヘルス Ranking 参加中☆ 
愛to(≧∀)人(∀≦)勇気だけが(σ`・ω・´)σトモダチさッッ(*≧∀)人(∀≦*)
あなたは1人ではありません!
たくさんの仲間が待っています♪

人気blogランキング メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科
| 統合失調症(治療計画)について | ココロの病気 |
| comments(0) | trackbacks(9) | pookmark |

▲このページの先頭へ

向精神薬ってどんな薬?



向精神薬

・中枢神経に作用して精神機能に影響を及ぼす薬剤全般を向精神薬と総称しています。
・向精神薬はココロ(精神)に効果がある薬です。
・向精神薬は適応疾患に応じて、抗精神病薬【病気(精神病)に効果がある薬】、
抗うつ 薬、抗躁薬(気分安定薬)、不安薬、抗てんかん薬、睡眠薬、精神刺激薬
その他に分類されます。



          抗精神病薬【病気(精神病)に効果がある薬】

          抗うつ薬

          抗躁薬(気分安定薬)

向精神薬 ⇒  不安薬

          抗てんかん薬

          睡眠薬

          精神刺激薬

          その他

         




向精神薬はこのように分類されます。



向精神薬の主な副作用

・眠気
・ふらつき
・口渇(のどの渇き)
・便秘
・悪心(気持ちが悪くて、吐きそうな感じ。吐き気。)
・肝機能障害




精神科で処方される薬も年々変わってきています。
従来の治療薬は幻聴や妄想を抑える変わりに副作用も強くて
実際に薬を飲んでいる人にとってはつらい状況もありましが
現在では薬の開発も進み副作用が少なく効果が得られるお薬がでてきました。

これは実際に薬を飲んでいる人にとっては本当にいいことです。




【従来の治療薬】

主な作用

・幻聴や妄想を抑える
・興奮状態をやわらげ、神経の鎮静化をはかる

主な副作用

・錐体外路系副作用
 手の振るえ
 筋肉がこわばって動作がぎこちなくなる
 体が落ち着かずじっとしていられない(そわそわする)
・眠気が強い、体がだるい
・口が渇く、かすみ目、尿が出にくい、便秘
・無月経、乳汁漏出、性欲の減退



新しい薬へと切り替えるときの条件

陽性症状が改善されない
陰性症状が改善されない
・不快な副作用がある
・薬で行動が制限されることが不満
・服用回数が多さが負担に感じる



【新しい治療薬の特徴】

陽性症状にも従来薬と同様の効果が期待できる
陰性症状にも効果が期待できる(意欲、活動性の低下を回復させる)
・錐体外路系の副作用が起こりにくい
・プロラクチンを上昇させにくい
 無月経、乳汁漏出、性欲の減退が起こりにくい)
・1日の服用回数を減らすことが出来ることがある
・認知症にも効果が期待できる(物事を考えやすくなる)



※苦痛に感じる症状があれば必ずかかり付けの先生に相談をして下さい。
  自分で服用回数や時間などを調節せず決められた通りに服用して下さい。



☆メンタルヘルス Ranking 参加中☆ 
愛to(≧∀)人(∀≦)勇気だけが(σ`・ω・´)σトモダチさッッ(*≧∀)人(∀≦*)
あなたは1人ではありません!
たくさんの仲間が待っています♪

人気blogランキング メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科
| 向精神薬ってどんな薬? | ココロの病気 |
| comments(0) | trackbacks(6) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/2PAGES | >>